最強の発毛成分、ミノキシジルの副作用が心配なあなたへ

このブログでは何度も言っていますが、AGAは男性型脱毛症というれっきとした病気です。

病気には医薬品で対処するのが常識です。

しかし医薬品でない育毛剤などを使用して、たいした改善もせずにお金と時間を無駄にしてしまっている人が多いのが現実です(悲)。。

現在、日本皮膚科学会が正式に発表しているAGA治療ガイドラインでは、プロペシアとミノキシジルのみが強く薦められるというA判定です。

しかし副作用を気にして使用に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?

・本当に生えるの?

・副作用で毛むくじゃらになるんじゃない!?

・子供ができなくなるのでは?

など、ネットに溢れる情報で何が本当かわからなくなってきているアナタへ、

これだけ読めば”最強の育毛剤”と言われるミノキシジル全てが理解できるというまとめをお伝えします。

特に副作用に注意が必要と言われるミノキシジル、実際のところはどうなんでしょうか?

ミノキシジルは、なぜ発毛効果があるのか?

ミノシジルとは、アメリカのアップジョン社がロゲインという名前で開発した発毛促進成分です。

現時点では、最強の発毛効果を誇る成分だと言われていますし、私自身も経験上そう思います。

なんせ10年以上様々な育毛剤を使ってきてダメだったのに、ミノキシジルの内服を始めたら、おでこからあっさりと4か月で生えてきましたから

この薬、毛細血管を拡張させて血圧を下げる作用があり、もともとは経口血圧降下剤と言うものでした。

1970年代に開発されて使用されていましたが、副作用として多毛症が頻繁に報告されるようになり、外用薬として頭皮への試験がおこなわれた結果、男性型脱毛症に非常に有効だと発表されたのです。

これによって今や発毛剤の革命品として全世界に君臨しています。

(現在アップジョン社はファイザー社に吸収され、ファイザー社から販売されています)

血圧を下げて血管を拡張させるのですから、当然、血行が促進されます

そうすると頭皮の毛母細胞にも栄養と酸素が運ばれて、髪が成長しやすくなります。わかりやすいですね。

また、VEGFという成長因子を作って毛母細胞へも直接働きかけて活性化することがわかっています。

つまり、そのダブル効果で発毛を促進するわけですね。

その結果、ヘアサイクルが正常に戻って髪が成長してきます。

髪が生えるしくみ、早わかり

ミノキシジル、その気になる副作用は?

ミノキシジルの副作用には、以下のものがあると言われています。

ミノキシジルの副作用

✅ 動悸、むくみ、めまい

✅ 倦怠感

✅ 体毛が濃くなる

✅ 朝が弱くなる

✅  一時的に体重が増加することがある(2~5kg 前後)

えー、こんなにあるの?と、ちょっとビビってきますね。。

でも副作用の度合いは、外用(塗るタイプ)と内服(飲むタイプ)でもかなり違いますので、順番にご紹介していきますね。

まずミノキシジルは、日本では大正製薬の「リアップ」(塗るミノキシジル)が有名です。

images

1999年の発売当初は、副作用(動悸など)が懸念されてミノキシジル成分の配合がわずか 1%と いう状態でした。

厚生労働省が安全性の確保のために 1%以上は 認可しなかったのです。

現在は副作用や安全性の確認が進み、5%のものも認可され販売されています。

実は海外ではこの5%が基準になっており、商品によっては10%以上のものもありま す。

もちろん濃度が濃い方が発毛効果も早くしっかり実感できます。

ですが、もともと血圧降下剤であったワケですから、およそ 2、3%程の方に心臓がドキドキしたり、血圧が下がったりする副作用が発生するようです。

心臓が弱い人は使用してはいけないと言われるのも事実です。

とはいえ現在日本では、5%のリアップが認可され、薬局で手軽に手に入ることからも健常者であれば5%ならば使用には問題ないと思われます。

ちなみにリアップの効果としては、大正製薬がなんと約98%の人に発毛効果があると以下の臨床データを出しています。

大正製薬の臨床データ(使用48週間のデータ)

著名改善     8.7%

中程度改善    67.4%

軽度改善     21.7%

不変       2.2%

悪化        0%

ただし、ミノキシジル濃度5%以上のものに関しては、臨床データがないため副作用には慎重に使用した方が良さそうです。

副作用がご心配な方は、5〜6%あたりから使用をスタートするか、医師に相談した方がいいでしょう。

私の経験上は、塗るタイプのミノキシジルで副作用を感じたことはありませんでした。

やはり飲むタイプのミノキシジルの効果が抜群です!

外用(塗るタイプ)の育毛剤には、やはり効果に限界があります。

なぜなら頭皮に塗るだけでは、十分に吸収されないからです。

人間の皮膚には外から物質が侵入するのを防ぐバリアがあります。

このお陰で、体に有害な物質が皮膚についてもたいていは吸収されずに無事に暮らせるわけです。

しかし、逆に薬の有効成分もこのバリアがあるために体の中に浸透することができません。

頭皮には、毛穴がたくさんあるために普通の皮膚よりは浸透はしやすいですが、それでも限界はあります。

やはり、効果では服用(飲むタイプ)にはかないません。

そこで登場するのが、服用タイプのミノキシジルタブレットです。

これが今のところ、最強の育毛剤に間違いはないでしょう!

ミノタブは生える!でも副作用も注意が必要

minoxidil

実はこの薬は、日本はもちろん世界中で育毛の薬としては認可されていません。(高血圧の薬としては認可されています)

なぜなら、このミノキシジルタブレットは副作用が強いからなのです!

臨床試験の段階で、ミノキシジルを飲ませた犬が心臓破裂で死亡するという事態が起きたからのです。

これは、血圧降下剤としての使用量と発毛剤としての使用量に違いがあることもあるので一概には決めつけられませんが、当然、安全を考慮しての結果です。

”えっ、育毛の病院とかでも処方してるじゃん!”という声も聞こえてきますね。

これは現在の日本では、医師の自己判断で未承認薬の自由診療が許されているからなのです。

ちょっと怖い気もしなくもないですが、悩める我々は医師の判断を信じたいところです。

要は、国は安全のために発毛剤としては認めていないけど、一部病院では発毛剤として自由診療で処方しているというのが実情なのです。

また現時点では大きな副作用による事故は報告されていないようです。

私の経験では、低血圧だったのでミノタブを飲むと冬の寒い時期には少し動悸を感じました。

やはり気温が低くなって血行が悪くなり血管が収縮していたため、それを拡張するのに心臓に無理がかかったのだと思います。

ミノタブの使用をやめるとその動悸はすぐになくなりましたので、一安心しました。

その他に感じた副作用としては、体毛が濃くなるというものもあります。

これは、私の経験上もありましたし、ほとんどのが経験されるようです。

ない部分から生えてはこないのですが、腕、スネ、脇、ヒゲなどの生えている部分の毛が伸びてきました。

それも0.5mmから1cm程度伸びてからは止まりましたので、安心しました。それ以後は、服用し続けても変化はありませんでした。

ともあれ、目に見える変化ですので、少々ビビりました。。

私は、髪を生やすためなら背に腹は変えられないという状況なので、そこには目をつぶりましたが。

やはり、その経験上からもミノタブの服用は慎重にした方がいいとお伝えしたいと思います。

ミノキシジルの配合濃度が1mm〜10mmまでありますが、副作用を考慮して、最初は2.5mm〜5mm程度で始められるのが良いと思います。

 ミノキシジルの使用、こんな人は要注意!

こんな方は、ミノキシジルの使用に注意が必要ですので医師にご相談ください。

・心臓疾患のある方(狭心症、心筋梗塞など)

・高血圧の方で血圧降下剤服用の方

・低血圧の方(上 110 下 70 以下)

・高齢の方、人工透析を受けている方

・肝機能障害のある方

もちろんミノキシジルタブレット(内服)には最も注意が必要です。

ミノキシジルの使用方法は?

外用タイプ(塗布するタイプ)

images毎日2回、朝とお風呂上がりに頭皮の気になる部分と全体に塗布する。頭皮をしっかりと乾かして、毛穴が開いた状態が最適です。

気になる部分だけでなく、ある程度全体に塗布するのがポイントです。その方が効果が高まります。

頭皮のマッサージをするとさらに効果的です。

服用タイプ(飲むタイプ)

imgres

毎日1回、食後に1錠(1mm〜10mm)を必ず水で服用する。

成長ホルモンが分泌されるのは夜ですので、夕食後がオススメです。

できれば毎日、決まった時間帯に服用すと体内の成分濃度を一定に保つことができるので効果的です。

ミノキシジルはどこで手に入るの?

ミノキシジルの外用薬(塗布するもの)は第2類医薬品ですので、リアップという名前で薬局で市販されています。

しかし、内服薬(飲むもの)は、第1類医薬品に指定されてていることから、医師の処方がなければ服用できません。
医師の診療費をあわせると医院によっては毎月2〜3万円近くの費用が発生します。

副作用が心配、またはお金に余裕がある方は病院で処方してもらってください。もちろんそれが正攻法です。

でもこのサイトでは、「自宅でできるAGA治療」というコンセプトですので、あくまでの自力でできる方法をご紹介しています。

自宅でできる入手方法もあるのです。

それは、医薬品の個人輸入という国にも認められた方法です。

個人輸入とは、個人が輸入元となって海外から輸入することで、医薬品に関しても個人の使用分に限っては認められています。

費用に関しては、かなり安く入手することができて、5分の1から10分の1程度にまで下がります

そのための個人輸入代行業者がネットではいくつも見つかります。

もちろん副作用などは自己責任となりますので注意が必要です。

また、ネットでは個人輸入では偽物をつかまされるというような噂も流れていますが、このサイトでこ紹介する業者さんはそんな事はありませんので安心してください。

(そもそも今の時代に偽物が販売し続けられるほど甘い商売はないです。もし偽物を販売していれば、瞬く間にネットに悪評が広がるでしょう)

私が今までに利用した経験があり、オススメの個人輸入代行業者はこちらです。

育毛ハック

オオサカ堂

アイドラッグストア

輸入代行業については、また追って詳しく特集したいと思っています。

フィナステリド(プロペシア)との併用で発毛効果が倍増!

ミノキシジルは血行を促進して発毛を促す医薬品ですが、AGAの原因である男性ホルモンにはアプローチできません。

本当のAGAの原因とは?

そこで男性ホルモンの働きを抑えるために、フィナステリド(プロペシア)の服用も同時に行うことが発毛を成功させるためには必要なのです。

プロペシアは男性ホルモンのブレーキミノキシジルは毛母細胞を活性化して発毛を加速するエンジンです。

確実な発毛効果を求めるなら、どちらかだけでは片手落ちなのです。

現在、AGA専門クリニックでもこの考え方が主流となっています。

AGA対策で重要なこと

 最初は医薬品の力で髪を生やして、その後、体質改善などで徐々に薬の使用量を減らして 行く方法をこのブログでは提案していきます。

私もみなさんも髪が生えても健康でないと意味ありませんからね。

Follow me!