AGAは、れっきとした病気です、原因を正しく把握しましょう

AGAは、男性型脱毛症Andlogenetic alopeciaと言います。

Androは男性ホルモン、geneticは遺伝、alopeciaは脱毛。

つまり、「遺伝とホルモンによって生じる脱毛症」です。

男性ホルモン(テストステロン)はすべての男性に備わっているのに、薄くなる人とならない人がいるのは何故なのでしょうか?

AGAの本当の原因はこれ!

AGAの主たる原因、それは男性ホルモンのテストステロンが遺伝子や体質により5αリダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストロン(DHT)というものに変化して、これが毛根に悪さをするからなのです。

悪さというのは、髪が成長するヘアサイクルを乱してしまうのですね。

図で表すとこのようになります。

imgres-3

それは、DHTが毛根にある毛乳頭と呼ばれるところにあるアンドロゲンレセプター(受容体)と結びついて髪の成長が鈍くなってしまうからです。

つまり、男性ホルモン(DHT)がジヒドロテストロンに変化し、そのDHTにさらにレセプターが反応する人のみ薄毛になってしまうということです。

よくDHTだけが悪者扱いされますが、DHTの活性度とレセプターの感受性の両方にAGAの原因はあるということなんですね。

プロペシアなどで5αリダクターゼの働きを抑えてDHTの発生を防ぐことももちろん大切ですが、このレセプターの感受性も原因であることは見過ごされがちなのです。

プロペシアの効果と副作用

その他の原因としては、食事などの生活習慣やストレスなども言われますが、それらは男性ホルモンの問題をさらに助長するものであって、原因の主になるものではありません。

AGA治療の金言、それは”時は金なり”

ネットには、薬に頼らないで生活改善でAGA治療ができますという情報もありますが、それを真に受けるとあなたのお金と時間を無駄にしてしまいます。

お金はまだしも時間を失うことは、AGA治療にとっては致命傷です。

なぜならAGAは進行性の病気だからです。

時は金なりはAGA治療の鉄則です!

本当の原因をしっかりと把握して、ピンポイントで正しく対策することがAGAを克服するためには何よりも大切なのです。

AGAを知ろう!

 

 

 

Follow me!