髪は体調のバロメーター

まず髪は常に生まれ続けています。

体の中で最も育っている部分とも言えます。

そして、髪は何からできているのでしょうか?

すべて食べたもの。

もちろんそうですが、答えは血液からもたらされる栄養と酸素なのですね。

中国で生まれた東洋医学では、髪は血余と言われています。

その名のとうり血のあまりでできているというのです。

ということは、栄養が最後にまわるところ、逆に言えば栄養が不足したり血行が悪くなると真っ先に育たなくなるところとの言えますね。

血行が悪く、栄養が不足すると髪がパサついたり、抜けたり、と体調が崩れるとまず髪に現れてくるのです。

つまり、髪は体調を写すバロメーターなのですね。

なので、たっぷりと栄養をとって体調を整えること、しっかりとした血を作り、隅々まで届けること、それが髪が育つ基本条件なのです。

ヘアサイクルって何?

そして、髪はヘアサイクルという周期で生まれ変わっています。

こんな感じです。

images

男性のAGAを理解するのには、このヘアサイクルの理解がとても大切になります。

男性の場合、髪が成長する「成長期」は2〜6年、この時期は毛根で細胞が盛んに分裂してどんどん成長していきます。

約10万本ある髪の全体の90%はこの成長期にあると言われます。

その次には、成長が弱くなる「退行期」。

この時期は2週間程度で急に細胞の分裂が少なくなります。

そしてとうとう細胞分裂をしなくなって髪の成長が止まります。

この期間は3〜4か月です。

同じ毛穴からまた新たな新生毛が生まれる準備を始め、押し出されるように古い毛は抜けていきます。

それがまた同じヘアサイクルを繰り返していくのです。

このヘアサイクルは、毛穴ひとつひとつで違うため、一斉に抜けたりすることはありません。

ちなみに1日に100本低度の抜け毛は普通のことです。(季節によっては若干変化します)

このヘアサイクルに狂いが生じるのがAGAというわけなのです。

このような状態ですね。

↓ ↓ ↓

imgres-1

だから生まれた毛が育ちきらないで、細く短い状態で抜けてしまうので、頭がスカスカになってしまうのですね。。

このヘアサイクルをいかに正常に戻すか、ということがAGA治療のキモになってくるのです!

AGAを知ろう!

本当のAGAの原因とは?

 

 

 

Follow me!