あなたは自分がAGAではないか?と感じ出したのはいつ頃からでしたか?

一度気になりだすと、どんどん目につくようになってきてしまって、それにつれて自分に自信がなくなってしまうという悪循環。。。

いっそ潔くあきらめられたらと思いつつも、できることならもう一度ふさふさの髪の毛を取り戻したい(本心!)。

今回はそんな私たちのために、男性の薄毛であるAGAの治療薬、「プロペシア」の発毛効果や副作用について徹底的にご紹介いたします!

AGAの特効薬プロペシアとは?

201701132

AGAの特効薬といえば、プロペシアですよね?

言わずと知れた男性型脱毛症であるAGAの治療薬です。

この薬、実は最初からAGA治療のために作られたわけではなく、前立腺肥大症や前立腺がんの治療の為に、アメリカの「メルク社」によって開発された薬でした。

そのときは「プロスカー」という名前で患者に処方されていたのですが、服用していた患者の毛髪が増えだしていることが分かり、その後AGAの治療薬として広まっていきました。

では、なぜプロペシアはAGAに効くのでしょうか?

AGAというのは、ジヒドロテストステロンという成分が原因で発症します。

AGAを知ろう

このジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼという酵素により生成されるのですが、実はプロペシアはこの5αリダクターゼを阻害する効果があるのです。

そのため、プロペシアは現在AGAの特効薬としてもてはやされています。

危険と言われる副作用はあるのか?

201701133
プロペシアの副作用で主なものは、「性欲減退」「精子の減少」「勃起機能の低下」などの性機能障害です。
プロペシアの中には、「フィナステリド」という物質が含まれています。

この物質が副作用に大きく関わっているとされており、服用を中止すれば症状が治まるとされていますが、中には症状が改善されないというネットの書き込みも見受けられます。

ネットの口コミ情報はあやふやなものも多く、またアフィリエイトという広告手法によるものもあるため、なんとも判断できません。

また感情論での書き込みも多いので注意が必要です。

やはり信じるべきは、医学的な臨床試験データでしょう。

医薬品は、認証を得るために厳しい臨床試験というものを何回も重ねます。

また、必ず実際の薬と有効成分の入っていないプラセボ(偽薬)と呼ばれるものも一緒に盲検査されます。

それによると、性欲減退と勃起障害などに関しては、フィナステリドとプラセボとの副作用に大きな違いは認められなかったというのが本当です。

 

 

実際に副作用だと感じている人の中にも、特に男性機能に関するものは意識も大きく作用する分野なので、副作用が出るとの思い込みによるプラセボ効果が大きいとの見解が医師の間でも通説のようです。

私の場合は、今までに15年以上フィナステリドを服用していますが副作用らしきものは特に感じたことはありません。

その他の副作用の事例についても解説します。

【副作用事例】肝機能障害

2017011310

またプロペシアの副作用で言われているのが「肝機能障害」です。
肝機能障害は痛みなどの自覚症状が出ずらいため、気付かないうちに重篤化することもあります!もちろん稀な場合ですけどね。

プロペシアだけでなく薬は肝臓で代謝されるため、薬を飲むということは、つまり肝臓に負担をかけているということになります。

つまり、プロペシアに限ったことではなく、どんな薬を服用する際にも同じく肝機能障害の危険があるということなのです。

これは、風邪薬などのポピュラーなものも含みます。

実は風邪薬でも死亡事故が起きていることをご存知でしょうか?

あまり副作用を気にしすぎると風邪も治せない事になってしまいます。

健常者であれば気にしないでもいいレベルだと思います。

でももちろん不安のある方は、薬を服用する際は医師に診断を受けきちんと肝臓の検査をしたり、服用している間は半年に1回ほど血液検査を受けることをオススメします。

【副作用事例】うつ

201701136

プロペシアの副作用として、稀にうつ症状が出る場合があります。

これは、プロペシアの中の成分「フィナステリド」が大きく影響しています。

フィナステリドは、髪の成長に悪さをする男性ホルモンDHT(デヒドロテストステロン)の量を減らし、脱毛を防ぐ、という作用があります。

男性ホルモンDHTが減ると、ホルモンバランスが崩れたり、筋肉やタンパク質をつくるはたらきが鈍くなったりして、だるさや怠惰感をもたらすといわれています。

加えて、人間が前向きで元気になれるように導く「神経活性ステロイド」という物質の働きも阻害してしまうため、うつ症状が副作用として出てしまうといわれています。
万が一、そのような症状があらわれてしまった場合、使用を中止するかストレスをためないよう心がけたり、生活習慣を見直しましょう。

精神的な病気は原因も様々なため、プロペシアの副作用とも特定しにくいです。

よくならない場合は早めに心療内科などの専門機関を受診し、プロペシアを服用していることを伝えて医師のアドバイスを受けてください。

女性がプロペシアを服用すると?

201701138

女性がプロペシアを服用するのは絶対にやめましょう!

プロペシアは男性のAGA患者だけに処方される薬で、女性の服用は禁止されています。

女性の薄毛には全く効果がありません

もしも妊婦さんがプロペシアを服用してしまった場合、お腹の中の子が男の子だと、男性器が正常に発達しない恐れがあると言われています。(怖!)

飲むことだけでなく、皮膚からの吸収をふせぐために触れることも禁止されているので、十分注意しましょう。(これも怖!)

副作用が出る確率

201701139

気になるプロペシアによる服作用が出る確率は、発表されているプラセボ(偽薬)を使用した臨床試験の結果は以下のようになっています。

性欲減退

フィナステリド   1.8%

プラセボ                1.3%

勃起障害

フィナステリド   1.3%

プラセボ                0.7%

性欲減退と勃起障害に関しては、フィナステリドとプラセボとの副作用に大きな違いは認められなかったというのが本当です。

また実際に副作用だと感じている人の中にも、特に男性機能に関するものは意識も大きく作用する分野なので、副作用が出るとの思い込みによるプラセボ効果が大きいとの見解が医師の間でも通説のようです。

抑うつ、射精障害、精子減少などありますが、なんせ正式なデータがないため確率は何とも言えません

ただし、重い副作用が予想されることであれば、必ず臨床試験が行われているはずですので、これも特に問題にはならないものだと思われます。

また発売元の製薬会社によると、万が一副作用が出ても服用をやめれば元に戻るとのこと。

私の経験上もプロペシアでの副作用は、健常者であれば気にするレベルではないと思われます。

まとめ

プロペシアは、性欲減退などの副作用が言われていますが、薬の中では副作用は軽い方で、男性型脱毛症(AGA)の治療効果が期待できる優秀な治療薬です。

もし副作用が不安な場合は、専門のクリニックに相談するなどして、処方してもらいましょう。

【この記事のまとめ】
・プロペシアは男性型脱毛症(AGA)に有効な治療薬
・プロペシアの主な副作用の性機能障害は、プラセボと差がなく心配するレベルではない
・女性、特に妊婦はプロペシアの服用だけでなく、触ることも禁止

Follow me!