男性型脱毛症(AGA)の治療薬として有名なプロペシア

医学的にも発毛効果があるとされ、薄毛に悩む多くの成人男性が服用しています。

しかし、本当に効果があるのか?そこが気になるところですよね。

ここでは、なぜプロペシアによって男性型脱毛症(AGA)が改善されるのか、なぜ発毛効果があるのか徹底的に詳しく解説していきます。

プロペシアとは?

2017011312

プロペシアは、アメリカの医薬品メーカーであるメルク社によって世界で初めて開発された、発毛効果が期待できる内服薬です。

薄毛対策といえば、頭皮に塗布する育毛剤がメジャーでしたが、近頃は服用タイプのプロペシアが注目を集めています。

時代は、塗るから飲むに移ってきているのですね。

それはプロペシアの主成分であるフィナステリドが、男性型脱毛症(AGA)の改善に効果的だと医学的に認められているからなのです。

フィナステリドはもともと前立腺癌や前立腺肥大の治療薬でしたが、毛量が増える、抜け毛が減るなど、毛髪に関する副作用が見つかり、今では男性型脱毛症(AGA)の治療薬にも用いられるようになりました。

プロペシアの発毛効果はある?ない?

2017011313

「プロペシアを飲んでから薄毛が治った」

「あたらしい髪が生えてきた」

実に使用者の実に多くの方がプロペシアの発毛効果を実感しています。
また、抜け毛が減った、AGAの進行が止まったなど、現状維持を含めると98%の人に改善がみられるという驚きの結果が出ています。

なぜプロペシアで男性型脱毛症(AGA)が改善されるのか

男性ホルモンが男性型脱毛症(AGA)に大きな影響を及ぼしているということはご存知ですよね。

特に男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)は、毛髪の誕生や成長を邪魔します。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、このジヒドロテストステロンに対して、とても頼もしい働きをしてくれます

薄毛を引き起こす原因、5αリダクターゼの活動を阻害

髭や体毛が濃い人の毛乳頭(毛根の先端にある膨らんだ部分)には、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素が多く存在しています。

このⅡ型5αリダクターゼが、男性ホルモンのテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストステロンが生成され、薄毛や抜け毛を引き起こします。

フィナステリドは、この2つの結合を阻害し、原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑えてくれます

〇皮脂の分泌を抑えてくれる

ジヒドロテストステロンが生成されると、皮脂の分泌量が増えます。

皮脂が多いと毛穴が詰まり毛母細胞の働きも弱めて、髪に悪影響を及ぼします。

フィナステリドがジヒドロテストステロンの増加を防ぐことで、皮脂が過剰に分泌されなくなります

飲み続けると耐性はついてしまうのか?

2017011314

私の経験上もそうで、薬全般に言えることですが、繰り返し服用すると効果が若干薄れていく、ということは確かにあります。

体が薬に慣れ、耐性がついてしまうためです。

プロペシアも長期にわたって飲み続けると、耐性がついて効果が得られなくなってしまうのでしょうか?

プロペシアの耐性について公式発表はない

長期間プロペシアを服用している人が、だんだんと効かなくなったと報告しているのを、ネット上でたびたび見かけます。

しかし、開発したメルク社と販売元のMSD社は、プロペシアの耐性の有無についてとくに発表はしていません

ですので、クリニックにて医師からの説明でも特に耐性はないと言われることが多いようです。

しかし、私の経験上、服用年数によっては目に見える効果が変化していくことはあります

最初の半年までは抜け毛がストップしてくる、その次には今ある毛が太くなる、産毛が生えるなど。

そしてその後1、2年ほどで新生毛が増えて産毛が太くなってきます。

その経緯で目に見える変化が変わってくるのです。

当たり前といえば当たり前なのですが、なんせ事前知識がありませんから薬が効かなくなってきたと思ってしまうこともあり得るのです。

3年以上だと生える可能性のある毛根からは新生毛が出尽くして、太く定着する。その間も抜け毛などを防止し続けます。

発毛効果を実感できる期間とは?

2017011315

服用者の98%に改善がみられるプロペシアですが、やはり気になるのはどのくらいで効果があるのかですよね。

もちろん個人差はありますが、一般的に発毛効果を実感するまでにかかる期間はおよそ半年程度です。

早い人で3ヶ月、遅い人だと1年かかることもあり、いずれにしてもある程度長い時間が必要になります。

以下は、11か月経過でのプロペシアの発毛効果です。

↓  ↓  ↓  ↓

images

なぜある程度、時間が必要なのか?それはヘアサイクルに関係しています。

髪が生えるしくみ、早わかり

薄毛になってから10年以内は発毛の期待大

発毛するには、発毛しやすい環境を整える、ということが大事です。

まずはジヒドロテストステロンによって乱れているヘアサイクルを、正常に戻さなければなりません。

薄毛が始まってから10年以内であれば、まだ毛根が失われていない可能性が高く、プロペシアによる改善に期待が持てます

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の進行を食い止める

僕たちには恐ろしい事実ですが、男性型脱毛症(AGA)の症状は放っておくとどんどん進行していき、止まることはありません

悲しいかな、これだけは間違いありません。

プロペシアは薄毛や抜け毛の原因となる、ジヒドロテストステロンの生成を抑えます。

この働きにより、男性型脱毛症(AGA)の進行が止まり、発毛へと繋がっていきます。

要は、AGAのブレーキがプロペシアの主な働きなのですね。

プロペシアの気になる副作用とは?

2017011316

男性型脱毛症(AGA)の治療薬であるプロペシアの副作用は、以下のとおりです。

 

・肝機能障害

・倦怠感

・発疹や蕁麻疹

・抑うつ

・射精障害

・勃起不全

・性欲減退

・精巣痛

・精子減少による男性不妊

ネットでは、プロペシアを飲むと生殖機能が低下するとよく見かけます。

そこを気にしている方も多いことでしょう、私も以前は気にしていましたから。

アメリカの臨床試験で、性関係の副作用を訴えた被験者がいましたが、確率は非常に低いものでした。

生殖機能は精神的なものに影響を受けることが多く、プロペシアによる生殖機能の低下は思い込みによる部分が多いという見方が正しいようです。

また肝機能障害もプロペシアの副作用とされていますが、1日1錠の服用量を守っていれば、発症の心配はしなくてもいいでしょう。

ただ、プロペシアは肝臓で代謝される薬なので、肝機能がもともと弱い人は、服用しても問題ないか医師に相談してくださいね。

まとめ

2017011317

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の進行を食い止め、薄毛の症状を改善してくれる、優秀な治療薬です。

発毛効果が現れるまである程度の時間はかかりますが、そのまま放置していれば間違いなくAGAは進行してしまいます。

とにかくまず進行を食い止めること、それが何よりも大切です。

【まとめ】
・プロペシアは男性型脱毛症(AGA)に有効な特効薬
・有効成分フィナステリドはAGAの原因DHTの生成を阻害する
・プロペシアの耐性の有無について公式発表はない
・服用者の98%が発毛効果を実感
・生殖機能に関する副作用に医学的根拠はない

Follow me!