プロペシアやミノキシジルの副作用が心配で、AGA治療に踏み切れないあなたへ

あなたは、プロペシアやミノキシジルの副作用が気になって使用をためらってはいませんか?

私も以前はそうでした。

プロペシアを使って性欲がなくなったり子供ができにくくなったらどうしよう、、、、

ミノキシジルを飲んで動悸がしたりや体毛が濃くなったらどうしよう、、、

ネットを見ると不安な気持ちがさらにあおられて、どんどん心配になっていきますよね。

実際本当のところはどうなんだろう?それが本音でしょう。

副作用のない薬はありません!

薬には、すべて副作用があります

作用反作用の法則で、効果がものほど副作用もきついのが常なのです。

抗ガン剤と風邪薬を比べても明らかですよね?

ただし、理解しなければならないことは風邪薬にも副作用はあるということです。

風邪薬の副作用で死者が出ているとこをご存知ですか?

もちろんとても稀な例ですが、それはプロペシアにも当てはまるようなレベルの事なのです。

医薬品は厳しい臨床試験を経て認可、実用化されます。

特に日本の厚生労働省は厳しく、アメリカなどで開発された新薬が認可されるまでにかなりの時間がかかります。

それだけ慎重に日本人にも大丈夫かを検証しているのだと考えられます。

(もちろん医薬品業界はドロドロした業界らしいので、利権などもかなり絡んでいるとは思いますが)

プロペシアもご多忙にもれず、アメリカで1997年に認可されて、日本でも1年間の臨床試験を経て2005年に認可されました。

プロペシアの副作用は、プラセボと呼ばれる疑似薬試験でも変わらないようなもので、重篤な副作用は報告されていません。ネットでは様々な副作用を訴えるものが出ていますが、実際には報告されているデータはないのです。

私が勤めていた日本の病院でも、プロペシアで副作用を訴えてきた人はほとんどいませんでした

プロペシアの効果と副作用

ただしミノキシジルタブレットだけは、ある程度の副作用の注意は必要です。

ミノキシジルの効果と副作用

ネットにあふれる副作用をあおる情報の発信元は?

なぜネットには、副作用をあおる情報がたくさんあるのでしょうか?

勘のいい方はピンときますよね、そうです、その情報を出すことで利益のある人たちがいるのです。

だから薄毛に悩む人の心理を巧みに利用した宣伝が蔓延しているのです。

まず、育毛剤は今ある毛を育てるもの、発毛剤は髪を生やすもの。

医薬部外品は育毛剤で予防・育毛効果医薬品は発毛剤で改善・発毛効果と国で定められています。

そのあたりをネットの情報で混同して騙されてしまう方が多いようです。

ポイントは、その情報は決して間違いではないということです。

効果がないわけではなく、医薬品の効果を100とすれば、医薬部外品の効果は1〜10あるかないかというような程度の問題です。

また医薬品は薬事法で宣伝に規制があり、自由にできないので情報量が少ないです。

なので医薬部外品育毛剤や育毛サロンなどの業者は、薬事法をかいくぐる巧みな広告表現とネットの口コミを装ったアフィリエイトサイトなどの大量な情報で悩む人の心理を利用して誘導します。

これらの方法は、違法ではないため野放しになっているのが現状です。

でもかなりの数の苦情が消費者センターなどに行っているはずで、訴訟なども多いでしょうから、いい加減に業界に行政指導が入ってもいいと個人的には思います。

いつの時代にもグレイゾーンの商売が一番儲かるもので、そんな業者は後を絶ちません。

個人個人が情報リテラシーを磨くか、国が動くしか解決法はないのです。

このサイトでは、自宅でできる様々な育毛方法をお伝えしていますが、何が正しい情報なのかを見極めること知識のない素人にはとても難しいのが今のネット育毛業界です。

私はこれを日本のダークフォースだと本気で思っています(笑)。

なので、このサイトで育毛業界で働いてきたプロである私なりに正しいと思われる情報をみなさんにお伝えして、ダークフォースに染まる人を助け出したい!本気でそう思っています。

なぜ発毛できないのか?

AGAに苦しむ薄毛の僕たちはどうすればいいのか?

よくある答えに、人の体質は一人一人違うから、対処法もその数だけあるというあやふやで一見正しいように思えるものです。

こういう答えをするのは、どういう人か?

そうです、あなたに対して何がしかの商売をしたい怪しい人たちですね。

AGAは男性型脱毛症という病気です。

病気には医薬品で対処するのが常識です。

医薬品は誰にでも効果があると臨床試験で実証されたものだからです。

医師は、薬が効く人もいれば効かない人もいますなどとあやふやなことは言いません。

AGA治療には、現在、発毛剤として認められているプロペシアとミノキシジルは外せません。

プロペシアは男性ホルモンのブレーキ、ミノキシジルは毛母細胞を活性化して発毛を加速するエンジンです。

どちらかだけでは片手落ちです。

医薬部外品の育毛剤で髪はまず生えてきません、ましてやサプリなどの体質改善で生えてくるわけはありません

発毛と育毛はそれはど違うのです。

でも、一生AGAの薬を飲み続けるのはやはり不安、、、

私もそう思います。

このサイトでは、まず医薬品で髪を生やして、その後に様々な方法で体質改善をして生えた髪を育てキープしてAGA薬を使用する頻度を徐々に減らしていくという独自の方法をご紹介していきます。

それが現時点は最も効率的で体に負担の少ない方法だと考えるからです。

いろいろな考え方がある思います。

大切なことは、自分で考えて自分にあった良いと思える方法を取り入れることです。

このサイトの情報も、もちろん自分で考えて判断して、良いと思ったことを実践していってください!

 

 

Follow me!