薄毛や抜け毛でお悩みのみなさん、AGA(男性型脱毛症)の治療をしようとされている方、最強の薄毛治療薬と名高い「ミノタブ」をご存じでしょうか?

ミノタブは飲む(内服薬)ミノキシジルのことで体の中から血行促進効果を得る薬で、塗る(外用薬)ミノキシジルよりも育毛・発毛の効果が高いとされています。

しかし、薄毛治療のために使用するには、副作用もリスクも高くなるといわれており、確かな効果が得られてもなかなか手を出しにくいのが現状です。

使い続けると、どのような副作用が考えられるのか、耐性ができて効果がでなくなってしまわないか。

それをしっかりと理解して上手に使用しなければなりません。

今日は、【ミノタブ】の効果と副作用、そして正しい飲み方をご紹介しましょう。

ミノタブって一体なに?

2017020123

冒頭でも軽く説明しましたが、【ミノタブ】について、あらためて説明します

ミノタブはミノキシジルタブレットの略で、もともとは悪性高血圧症の内服薬として開発されました。
ミノキシジルの開発研究者の体の毛が濃くなったことから、AGA治療薬としての開発が行われることになったわけです。
つまり、最初は「高血圧症」の薬として開発されたものです。

しかし、その別作用で体毛が濃くなったことで「育毛・発毛」に効果的として注目されたのが【ミノタブ】なのです。

ミノタブの効果とは!?

2017020124

では、実際にミノタブの効果はどれほどなのでしょうか。

私の経験上もハッキリ言えるのが「ミノタブほど、発毛効果の高いものはない」ということです。

もちろん効果を100%保証できる訳ではありませんが、市販の育毛薬とは比べものになりません。

どれくらいで効果が出る?

私の場合は、3ヵ月で今ある毛が太くしっかりとしてきて効果を実感することが出来ました。4ヵ月目以降はない部分からもポツポツと新たな産毛が生えてきて驚いたのを覚えています。 

もちろん、個人差はありますが半年ほどで薄毛が気にならないレベルに達する人もいます。

しかし、1つだけ気をつけなければならないのが、効果が出始める前に「初期脱毛」といって髪の毛の抜ける始める時期があることです。

この初期脱毛が終わると、うぶ毛が生えてきます。

このことは覚えておかないと、抜け毛にビックリしてしまって「さぁこれから生えるぞ!」という時にやめてしまうということになりかねません。

ミノタブで体毛は濃くなる!?

答えは「イエス」です。

元々「体毛が濃くなった」ところからミノタブはスタートしているため、頭部の毛を濃くすると言うよりは、カラダ全体の毛を濃くするため、頭部の毛も合わせて濃くなるという理屈です。

ミノタブを飲むとほとんどの場合、体毛が濃くなります
それくらい効果があるわけです。

私の場合は、もともと体毛が薄い方だったこともあり、髪の毛が生えるのなら背に腹は変えられないというのが正直なところでした。

ミノタブは耐性ができる?

2017020125

医薬品における耐性というのは、薬を服用していくうちに身体が薬になれ、効きにくくなってくることを指します。

1年ほどたつと、発毛の効果は落ち着いてくるようです。
年齢や体質、その他さまざまな要素で個人差はあるので一概には言えませんが目安は「1年」くらいといえるでしょう。

そのあとにまた「抜け毛」が増える時期がくるのですが、多くのひとはこの時期を「耐性」が出てきて効果が薄れていると考えるようです。

しかし、実は育毛・発毛には成長期・退行期・休止期がありおよそ「1年」はその退行期・休止期にあたる可能性があります。

しかし、「ミノタブ」に耐性ができたというようなことではありません

気を付けたい!ミノタブの危険な副作用

2017020126

【ミノタブ】は高い育毛・発毛効果を期待できますが、注意しなければならない副作用があります。
この副作用をしっかりと理解せずにつかうことは絶対に避けましょう。

副作用の発生頻度を「多」「中」「少」にわけて説明したいと思います。

発生頻度が多いものは、その原因がミノタブによる可能性が高いもので低いものはミノタブによるが発生頻度が低いもの、もしくは関連はわからないが実際に報告されているものです。

「多」

  • 多毛症
  • 血圧の低下

多毛症は文字通り、体毛が濃くなることです。

また、ミノキシジルの本来の性質である血圧を下げる効果があるため、元々血圧が低いひとや他にも降血圧薬を服用しているひとは、使用を避けましょう。

倦怠感や、めまいが出たらそれは低血圧による症状の可能性があります。

ミノキシジルの性質から体毛が濃くなること血圧が下がることはかなりの確立で発生しますので注意してください。

「中」

  • 眠気
  • だるさ
  • むくみ
  • 頻脈
  • 動悸
  • 肝臓の不調

眠気やだるさは、飲み続けることで治まることもあるようですが、脈拍が極端に増える頻脈や心臓の鼓動が大きくなる動悸の症状が現れた場合は注意が必要になります。

また肝臓に負担をかけるため、肝臓が弱かったり、肝臓に不調がでたらミノタブの使用はやめてください。

発生頻度「中」は約10%~20%程度です。

「低」

  • 狭心症
  • うっ血性心不全
  • 乳房の圧痛と発疹
  • 体重増加
  • 腎性全身性線維症
  • 浮腫下肢
  • 顔浮腫
  • 心外膜液
  • 高カリウム血症
  • 多臓器不全

狭心症なども起きる可能性があるので、心臓に違和感を感じたら直ちに使用をとりやめてください。

うっ血性心不全は、簡単に言うと心臓に負担がかかり、それが原因で重篤な心臓病を発症させるということです。

いずれにしろ、心臓に負担がかかるようです。

十分に注意しなければなりません。

乳房の圧痛と発疹は、因果関係がほとんど確認できていません。

ミノキシジルに原因があるかはわからないが事例があるということです。

「低」に関してはほとんどが10%に満たない発生率または相関性が認められないものです。

しかし、ミノキシジルは育毛・発毛の高い効果がみられるが「副作用がある」というのはやはり見逃せない事実です。

発生頻度の多い少ないはあるにしろ、重篤な病気になる場合もあるのは否めません。

病院でもAGAクリニックではない限り、ミノタブを処方しているところは少ないのが現状です。

ミノタブを利用するときは、その効果とリスクをよく理解し、自己管理を徹底しなければなりません。

(結局はハゲと体調を天秤にかけて、背に腹は変えられない判断するしかなさそうです)

ミノタブによる初期脱毛

2017020127

ミノタブの効果と副作用については理解していただけたのではないでしょうか。

ここでは、ミノタブの「初期脱毛」について詳しく説明したいと思います。

育毛・発毛に効果的なのに「脱毛」となれば、聞き逃すわけにはいきません。

初期脱毛とは?

ミノタブを使用すると、毛母細胞が活性化されます。

すると、髪の毛の成長が始まり、その成長が急激なため不健康、または抜けかけの毛髪が大量に抜けるワケです。

そして、そのヘアサイクルが落ち着く周期になるまで続くというわけです。

髪が生えるしくみ、早わかり

通常の10倍の抜け毛が見られることもあります。

知らなければ驚いてしまいますよね。

これが初期脱毛です。

いつから始まるの?

これは、完全に個人差がありますが、使い始めて10~15日目位で症状が表れるひとが多いようです。

早い人では、3日目には表れはじめたひともいます。

いつまで続く?

約2週間~3週間ほど続きます。

長い人では、1ヶ月にも及ぶ場合があるそうです。

これも個人差があります。

初期脱毛、ひどい場合はどうする?

「初期脱毛」の期間が2、3ヶ月も続くようでしたら、異常が起きている可能性があります

抜け毛の量も「初期脱毛」の期間は増えますが、あまりにもひどいようでしたら医師に相談するのが懸命でしょう。

ミノタブの正しい飲み方

2017020128

効果が大きい分、副作用が出る可能性のあるミノタブの飲み方はどのようなものなのでしょうか。

まず、明記しておきたいのが「ミノタブ」はあくまでも血圧を下げる薬です。
育毛のための正しいマニュアルがあるわけではないということを覚えておきましょう。

ミノタブにはミノキシジルの容量が「2.5mg」「5mg」「10mg」に分かれます。
もちろん、容量の大きいものが薬が強いということになりますので、効果を期待できますが、その分副作用のリスクも高まります。

必ず、容量の少ないものから始めてください
10mgのものを買って、ピルカッターで4等分にするのも手段の1つです。

飲む回数ですが、朝と夜の一日2回を空腹時をさけ「水」か「白湯」で飲むことをオススメします。

一日中、頭皮に薬がいきわたっているのが理想です。

それには同じ時間帯に規則正しく飲むと体内濃度が一定になるため良いとされています。

風邪薬をはじめ、他の薬との併用は肝臓に大きな負担になるため望ましくありません。

ミノタブのオススメ購入先は?

2017020129

 

現在、日本で厚生労働省が認可しているのは、塗るタイプのミノキシジルであり、内服薬としてのミノキシジルタブレット(ミノタブ)は認可されていません

ミノキシジルタブレットを処方してもらうためには、薄毛専門のクリニックを受診するか個人輸入しか選択肢はありません

副作用が心配な方は、もちろん医師の診察のもと服用するようにしましょう。

また、知らない個人輸入代行店を利用するのは不安という方は、今までに私が利用した事がある業者をご紹介しておきます。

育毛ハック

オオサカ堂

アイドラッグストア

この業者であれば、よくネットに出ているような偽物をつかまされるような事は一回もありませんし対応もしっかりとしていますよ。

さまざまな購入先があるなかでもオススメは、個人輸入代行「育毛ハック」です。

「ミノタブ」も扱っていますが、ミノキシジルと合わせて使うと効果があるとされるフィナステリド(プロペシアの有効成分)育毛体質を作るサプリなどが合わさったセットを1ヵ月分から販売しています。

この在宅治療セットは、タイで実績のあるAGA専門クリニックが処方しているので、フィンペシア単体よりも効果がテキメンでオススメですよ。

15年悩んだAGA、育毛ハックを利用して6ヶ月であっさり改善した件

まとめ

2017020130

いかがだったでしょうか?

「ミノタブ」は、育毛・発毛に非常に効果的ですが、高いリスクがあることが分かっていただけたのではないでしょうか?

「ミノタブ」は薄毛で悩むあなたの力になってくれます。

しかし、その力を使うあなた自身が正確な知識を持って冷静な判断をし、無理をしないことが重要です。

効果と副作用のリスクマネジメントを上手に行い、AGA治療を成功させましょう!

【この記事のまとめ】

・「ミノタブ」は、血圧を下げる薬として開発された

・「ミノタブ」ほど発毛効果の高いものはない

・3か月ほどで効果を実感できることが多い
・「ミノタブ」は、さまざまな副作用に注意しなければならない
・「ミノタブ」は、耐性がでることはない
・初期脱毛という抜け毛が目立つ期間がある

・飲み方は、容量の少ないものから始めて規則正しく服用する

・不調がでたらすぐに使用をやめて医師に相談する

・「ミノタブ」を手に入れるには、専門クリニックか個人輸入を利用

Follow me!