「筋トレをすると男性ホルモンが増えてハゲるよ」という噂をネットで見かけたことはありませんか?

昨今の健康ブームでジムや自宅トレで筋トレをしている方もいらっしゃると思います。

悩める私たちには、筋トレがAGAを進行させるとは聞きづてなりません!

実際のところはどうなんでしょうか?

筋トレは男性ホルモンを増やす

考えてみれば当たり前ですが、筋肉モリモリのスポーツ選手は全員ハゲていますか?

もちろんハゲている人もいますが、いない人の方が多いですよね。

筋トレがAGAを加速させるという噂は、筋トレをすると男性ホルモンが増加するという事から来ています。

確かに筋トレが男性ホルモンを増加させる事は事実のようです。

テストステロンには、筋肉を大きくする、骨を太くする、声がわり、ヒゲを生やすなどの働きがあることがわかっています。

ただし、その男性ホルモンが増えることがそのままでは抜け毛にはつながりません

筋トレしてもハゲない理由とは

それはAGAの原因は、普通の男性ホルモンではなく男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によってデヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変化したものだからです。

AGAを知ろう!

さらにAGAは年齢とともに進んでしまいますが、男性ホルモン(テストステロン)は年齢とともに減少します

これは日本泌尿器学会の研究でも、以下のように明らかにされています。

20161217000925

という事は男性ホルモン(テストステロン)の量とAGAには厳密な相関関係はないということになりますよね。

AGAの発症は、テストステロンの量ではなく、5αリダクターゼとどれだけ反応してデヒドロテストステロンに変化するか、さらに毛母細胞にあるアンドロゲンレセプターという受容体にどれだけ反応するかにかかっているのです。

もちろんすでにAGAを発症してしまっている方は、プロペシア(フィナステリド)で男性ホルモン(DHT)の抑制をしてから筋トレすることが重要です。

軽い筋トレは、むしろ育毛効果がある

Unknown-1筋トレのような無酸素運動をすると成長ホルモンと呼ばれる体の成長を促すホルモンが分泌されます。

また、体全体の血行や代謝を高めたり、ストレスを減らしたり、様々な健康に良いことがあります。

そして実は成長ホルモンには、毛母細胞を活性させて発毛をうながす効果があることがわかっているのです!

この成長ホルモンをいかに分泌させるかが実はこのAGA自家発毛のテーマでもあります。

薬だけに頼るのではなく、この成長ホルモンをうまく分泌させることで効率良くAGA治療をおこなっていくのです。

【まとめ】

・筋トレは男性ホルモンを増加させる
・男性ホルモンが増加したからといってハゲるわけではない
・AGAは年齢とともに進むが男性ホルモンは年齢とともに減少するから男性ホルモンの量とAGAに厳密な相関関係はない
・すでにAGAの人はプロペシアを飲んでから筋トレをしよう
・かるい筋トレは、むしろ成長ホルモンを分泌して育毛に良い

Follow me!